Global Style 銀座本店でオーダースーツを作りに行ってきた

オーダースーツでググるとほぼ上位に現れる「Global Style」。2着で48,000円という話なので、試しに作りに行ってきました。

スーツを作りに行ったのは銀座本店。外堀通りに面した2階建てのビルで、高級感よりはちょっとアンティークなイメージです。テナントじゃないのが驚き。家賃高そう。

店舗は正直なところ狭いです。接客用テーブルが2つで店員2名で、必要最低限で対応できる感じ。まあそれで安く作れるならOKだし、内装はオシャレだから構わない。

中に入って「Webで見たら安かったので」と話したら、料金システムの案内をしてくれました。

料金システム

1着だと38,000円〜のものを、2着で買うと安く買えて24,000円×2着で48,000円になるのだとか。生地によって値段が違い、34,000円、44,000円など上位のものと組み合わせて買うのも可能。もちろん1着だけ買うのもありです。

24,000円の生地は20枚くらいと種類が少なめで、ストライプが多かった。34,000円以上になるとバンチ(生地サンプルブック)から選べるので、そっちは種類がかなり増える。無地がほしかったので、34,000円のを2着選びました。

裏地とボタンのカスタマイズ

まずは裏地とボタン選び。裏地は、無地の30種類が無料で、柄物は2,500円や3,500円アップのものも選べます。ボタンは、プラスチックものが無料で、水牛やメタルが同じく3,500円アップ。この辺は麻布テーラーと似たような感じ。

採寸からパターン選び

そこからの流れは普通のオーダー屋さんとほとんど同じです。

採寸

肩幅、胸幅、腰幅と測ります。

スーツの型は2つ

スーツの型は2種類です。Global Styleオリジナルの肩パットが薄めのものと、ラペルが狭い腰も細めなモダンなスタイル。ブリティッシュでなくイタリアン2つから選ぶ感じ。

フィッティング

試着をしながら、どれくらい腰回りを絞るか、肩幅が問題ないか、丈は少し短めにしてジャケットスタイルにも使えるようにしようかなとか、細かくフィット感を調整していきます。

ズボンはお尻のサイズで合わせてから、腰幅と丈を調整。

各種カスタマイズ

最後に細かなところの確認。パーツごとのカスタマイズを手早く決めていきます。

  • 裏地の背抜きかオールか
  • 台場
  • 本切羽
  • ラペルの幅
  • ラペルのステッチ有無
  • 袖丈
  • ポケットフラップの有無
  • ズボンのシングル・ダブル

ズボンの幅は標準からやや細めでした。細めを指定しようとしたところ、試着したら標準でも十分細い。

店員さんが1つ1つのカスタマイズに対して適切なアドバイスをくれて、迷うことはほとんどありませんでした。

納期は3週間

今日11月3日にオーダーして、仕上がりは11月23日。約3週間です。連絡は電話か、メールでもOKなのが嬉しいところ。

24,000円というのは税抜きです

最後にお会計。34,000円のスーツ2着と、少しカスタマイズして合計76,000円程度(税込み)。

上記で24,000円とあるのは税抜きで、ここに消費税が乗って最低でも税込25,100円かかります。Webでも税込み価格は括弧書きで書いてあるけど、Googleの見出しだけだと勘違いするかも。

売上はおかげさまで伸びてます

Web検索で上位にランキングされることが大きいのは、それだけWeb集客に力を入れているのだそう。

お客さんもひっきりなしに訪問するので、「売上伸びてますよね?」と聞くと「おかげさまで、ありがとうございます」と笑顔で応えてもらいました。

それでもただ集客するだけでなく、口コミで悪い評判もないので、満足度が得られてるのかなと思います。

銀座で4万以内でスーツが作れるって、ほんといい時代になりましたね。