オーダースーツは和製英語、本場での呼び方はまったく違います

日本ではオーダーメイドのスーツを、オーダースーツやイージーオーダーと言いますが、これらはすべて和製英語です。本場のイギリスやイタリアではまったく通じませんのでご注意ください。

フルオーダー

シンプルにカスタム(custom)と呼ばれます。あるいはテーラードスーツ(a tailored suit)です。日本人にとっては「オーダーメイドスーツ」で通じそうに考えがちですが、オーダーメイドも和製英語ですからね。

ビスポーク(bespoke)もカスタムと同じ意味ですが、どうかというと古風な言い方で高齢者が使う言葉というイメージがあります。

ちなみに仮縫いはフィッティング(fitting)といいます。

イージーオーダー

メイドトゥーメジャー(Made-to-Measure)と言うのが広く一般的です。

イージーオーダーというと「ゆるーい感じの注文?」みたいに受け取られます。日本では「パターンオーダー」という表現もありますが、これも西洋人からすると意味がわかりません。

既製服、吊るし

既製服は ready-made とか ready-to-wear と言います。

レディメイドと言われると響きがよく感じますが、要するに既製品です(服飾用語の同じ表現でプレタポルテもそうですね)。ハンドメイドでもカスタムメイドでもなく、大量生産されたものと受け取るのが自然だと思います。