スマホでオーダーシャツが作れる「Original Stitch」が初回限定2,500円引き

オーダーシャツを作るのに必要なのはスマホとメジャーの2つだけ。すごい世の中になったものです。

3Dデザインで10億通りのシャツが作れる「Original Stitch」

オンラインオーダーシャツの「Original Stitch」が、初回限定2,500円値引きを実施しています。2014年4月にスタートした米国発のアパレル企業で、すでに会員は10万人を突破しました。

300種類以上の生地

生地は約300種類から選べます。メジャーな無地、ストライプ、チェックだけでなく、花柄やペーズリー柄など、ユニークなところまで品揃えはかなり豊富。

original-stitch-fabric300

カラーは12種類、カフスは6種類

オーダーシャツの基本ともいえるカラー(襟)とカフス。Original Stitchではカラーは12種類を揃えています。

original-stitch-collar

カフス(袖)は6種類。このあたりは本格的なテーラーに劣らないと思います。

original-stitch-cuff

オーダー画面では完成予想を3Dで表示

こちらが実際のオーダー画面です。生地、カラー、カフスなどを選んでいくと、右側の3Dがカスタマイズどおりに変化していきます。

original-stitch-order-scene

1つ1つのパーツを選ぶときには、そのパーツの特徴や、どんな利用シーンに向いているかのアドバイスが表示されます。

original-stitch-order-collar

カスタマイズの全体の流れ

カスタマイズできる箇所は次のとおりです。

  1. 生地:全体イメージと価格帯の決め手になるところです。
  2. 襟芯地:かっちりしたフォーマルなカラーか、柔らかいカジュアルなカラーか
  3. 袖の長さ:長袖か半袖
  4. 襟の形:12種類から選べる
  5. 袖の形:6種類から選べる
  6. ボタンの色:無料9種類、+500円の貝ボタンが8種類
  7. ポケット:ありかなしか
  8. プリーツ:背中のプリーツをサイド、ボックス、無しから選ぶ
  9. イニシャル刺繍:花文字、ゴシック体、筆記体(+265円)
  10. 襟の生地:生地変更は38種類(+602円)
  11. 襟の裏地:生地変更は38種類(+265円)
  12. 袖の生地:生地変更は38種類(+602円)
  13. 袖の裏地:生地変更は38種類(+265円)
  14. 下前立て:生地変更は38種類(+265円)

採寸は自分でしたほうがいい

シャツのデザインを決定したら、次は採寸です。お店ではテーラーが測ってくれるのですが、オンラインではそうもいかないため、自分で採寸します。サイズ指定できる箇所は次のとおり。

首まわり、裄丈(右)、裄丈(左)、胸囲、ウエスト、着丈、肩幅、裾周り、上腕回り、カフス回り(右)、カフス回り(左)

Original Stitchには「オートサイズ」という機能があり、身長、体重、普段のサイズ(S, M, Lなど)を入力すると自動で算出してくれますが、せっかくのオーダーシャツですので手入力で入れ直しましょう。

それぞれの採寸方法は、ムービーが用意されてますので、一度測れば次からは微調整で済みます。

original-stitch-measure

価格は7,825円〜(初回限定値引きあり)

価格は生地やオプションにもよりますが、7,825円〜となっています。税込、送料無料です。少しオプションを入れたとして、およそ9,000円程度が相場でしょうか。

いまは初回限定で2,500円の値引きが適用されます。30日の無料返送もありますので、1着お試しで購入してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Original Stitch