サルバトーレベニート中目黒店で3枚1万円のオーダーシャツを買ってきた

中目黒にオーダースーツのお店ができました。「サルバトーレ・ベニート」という店名で、近所のピッツェリア サルバトーレと間違いそう。

愛媛県松山のメーカのようですが、ウェブでの情報が少ない。評判も口コミもないから、自分で行くしかないと思い行ってきました。オーダーシャツが3枚で1万円って本当なのだろうかと興味もあり。

店舗は中2階なので注意

場所は中目黒駅からは2分くらいですが、少しわかりにくいかもしれません。アパートっぽいテナントの並びの105室。105室といっても中2階みたいな感じです。

salvatore-benito-105

お店に入ると、内装の雰囲気がインドとかペルシャ絨毯とかああいう系の商店みたい。照明の加減だと思うのですが、もう少し黄色みを減らして白くしたほうがモダンになると思います。

salvatore-benito-interior

中に入るとオジサンと女性のスタッフさんの2名。

シャツを作りたいと伝えると、テーブルについて、シャツの生地のサンプルブックを渡されます。生地は30枚くらいで、値段にしては選べる種類が多いです。

支払いについて

先に聞かされたのが、オーダー時に先払いになることと、現金かクレジットカード払いが選べるけど、クレジットカード払いだと5%上乗せしますとのことです。

仕上がりまで1.5ヶ月

納期は1.5ヶ月くらいかかります。1.5ヶ月たったらシーズン変わってしまいます。スーツも同じくらいだそうなので、オーダーするときは季節感を間違えないようにしましょう。

カスタマイズはかなりシンプル

生地を選んだら、カスタマイズは以下の3点のみです。

1.スタイル

「ゆるめ、普通、スリム、タイト」の4種類です。

2.カラー(襟)

レギュラー、ワイド、ホリゾンタルの3種類で、同じくボタンダウン3種類、ドゥエボットーニ3種類です。

3.カフス(袖)

カフスありか無しかの2択と、カットオフかラウンドかの2択。2ボタンも選べてその2択です。

 もちろん1着ごとにカスタマイズは選べます。

その他のカスタマイズ

単品販売している4,800円のものなら、ボタンとボタンホールの色を選べます。と言っても、通常が白で、あと赤、青、黒の3つしかカラーがないので、凝ったカスタマイズはできません。

ですので、ラウンドカラーとかショールカラー、ポケットの形、ステッチなど、色々いじりたい人は麻布テーラーに行きましょう。

採寸

採寸は、シャツを作るのだけど、先に自分に合うジャケットを着てみて、それをベースに作ります。

メジャーで肩幅、袖丈、着丈、胸幅と背幅、首回りと、腕回りを測ります。

腕回りはあまり計測されたことがなかったので新鮮です。二の腕周りがダブつくと格好悪いですから、いいポイントだと思います。

お会計

終わったらお会計です。上記のとおり、クレジットカード払いは5%上乗せなので現金払いにしました。

1.5ヶ月先になったらどんなのを注文したか忘れちゃうんだろうなあ。スーツみたいにカスタマイズが多いのだと余計に。

オーダースーツも魅力的

ちなみにスーツのカスタマイズについて聞いてみました。オーダースーツのカスタマイズは、シャツほどシンプルではなく、麻布テーラーやグローバルスタイルと同じようなカスタマイズができそうです。

オーダースーツの価格は、ウール生地のものが1着29,800、カシミヤ生地が39,800円です。魅力的ですね。

お客様からのオーダーは、スーツとシャツが半々くらいとのこと。若い人でもオーダースーツは一般的になってきたけど、オーダーシャツもこの値段ということでトライする人が増えてきているそうです。

シャツの仕上がり

8月30日、お店から電話があり、仕上がりましたとのこと。7月20日のオーダーから1.5ヶ月より少し短いくらいなので約束どおりでした。

salvatore-benito-shirts

綺麗なバッグの中に3着入ってます。試着してみるとピッタリでした。

「これが1着3500円か。もう7000円でも高く感じるかも」

というのが正直な感想です。

不満をあげるとしたら、カラー(襟)が若干硬いというのと、ボタンが分厚くて着脱しにくいという2点でしょうか。